[iRacing] 初勝利 - test blog

| コメント(0)


先日ここに書いた様にClass Dに昇格したんですが、12週間を1シーズンとするiRacingの運営シーズン的にはまだSeason2の半ばだった事もあり(Rookieシリーズは尺が短い)、直接的にはClass Cへの昇格権を得る材料にはならないのですが、純粋にTop Splitで戦えるレベルの速さを出せる様になりたくてMazda Cupを練習したかったのと、レースそのものにもっと自分を慣らしたいのもあり、Season2が終了するまではMazda Cup戦を続けていました。

今期はRoadのみで、Ovalは全く走っていません。



で、19日早朝の事なんですが、

7/19
iRacing Mazda Cup
2013 Season 2C Fixed
Mazda Raceway Laguna Seca - Full Course
Race
Result: 1 → 1


2013年6月8日に課金を始めて約40日目にしてようやく初勝利を上げる事が出来ました。
レース後に見たリザルトではSOFは1394、RookieとClass Dの人ばかりな2nd Splitで、ポールポジションからのスタート。
しかもiRatingで見ると自分が最上位・・・データで見れば、これは勝たなければいけないレースでした。

上の内容と結果だけを見れば楽なレースに見えるかも知れませんが、いつもの如く前の方のグリッドからのスタートの時はガチガチに緊張してしまって全然ダメ。

以下、初のレース・レポート等を。

[iRacing] 脱Rookie達成 - test blog

| コメント(0)


20130625-01.jpg


ひとつの区切りとなるWeekが終了し、規定以上のレース参加とSafety Rating 3.0以上を達成できたので、

20130625-03.jpg 20130625-04.jpg
Road、Oval共に脱Rookieとなりました。


振り返ってみればアカウントを取得してiRacingを始めたのが2013.6.9。
で、Class Dへの昇格が2013.6.25と、始めるタイミングによるものが大きい訳ですが自分の場合16日掛かりました。

脱Rookieになるのには成績度外視でOK、コースをはみ出さない、コントロールを失わない、他車や壁とぶつからない、とこれをしっかり目指してやれば(完璧でなくても全然OK)きっとどなたでも達成可能です。



ただ自分的には、時間の都合上どっぷり遊び続けるのは難しそうなので、がっつりコンテンツ買い込んでごりごり上位クラスのレースを目指すとかは当面なさそうです。

でもGPLIPで遊び続けられなかった最大の理由となった「他の人や大会レースに時間が合わせられない」ところは全く問題にならずに楽しめたのでiRacingは自分の生活サイクルには合ってたと思います。

多少細くても良いから続けられるだけ続けてみたいものです。

[iRacing] 6/21 ~ 6/24 戦績 - test blog

| コメント(0)


6/21
Street Stock Series
USA International Speedway

Race
Result: 9 → 7


Street Stock Series
USA International Speedway
Qualify
QT: 24.605



6/22
Street Stock Series
USA International Speedway
R
ace
Result: 10 → 7


Street Stock Series
USA International Speedway
Qualify
QT: 24.771


Street Stock Series
USA International Speedway

Race
Result: 7 → 10


Street Stock Series
USA International Speedway
Qualify
QT: 24.371


Street Stock Series
USA International Speedway
Race
Result: 8 → 6



6/23
Street Stock Series
USA International Speedway

Race
Result: 5 → 8


Street Stock Series
USA International Speedway
Qualify
QT: 24.708


Street Stock Series
USA International Speedway

Race
Result: 1 → 3



6/24
Street Stock Series
USA International Speedway
Qualify
QT: 24.689


Street Stock Series
USA International Speedway

Race
Result: 9 → 13

※Lap35/40頃にクライアントがフリーズ


iRacing Mazda Cup
2013 Season 2B Fixed
Mazda Raceway Laguna Seca - Full Course
Qualify
QT: 1:46.853


iRacing Mazda Cup
2013 Season 2B Fixed
Mazda Raceway Laguna Seca - Full Course
Race
Result: 2 → 4



20130624-01.jpg 20130624-02.jpg
この週末Ovalを中心に走ってたところ、ようやくSafety Rating [Oval]も目標の3.0超えを達成。
これで数日後には念願の脱Rookieを達成?

Ovalでは低Strength of FieldなSplitではあったものの初のポールポジション、Lap Leadも経験・・・心臓がバクバクしておりました(笑
30Lap位まではLap Leadを取っていたんですが、後方から迫る速い人の気迫に負けてLeadを譲り、初勝利はまだおあずけ。



昨夜のMazda Cupは練習せずにいきなりの予選→決勝だった事もあってコースオフしまくりでガタガタ。
本戦はSafety Rating向上狙いで後方からゆっくりツーリングのつもりがうっかり低Strength of FieldのSplitに放り込まれてしまってまさかの2番グリッドでした(汗
安全運転でIncident 0での完走を目指すもののファイナルラップ直前の最終コーナーで集中力を欠いてしまって単独コースオフをやらかし、ポディウムを逃すというお粗末な結果に。



順当にRookieを卒業出来たら、Class Dでは何に乗ろうかな?
今のところRoadはSkip Barber、OvalはSK MOD辺りに興味あるんですが、引き続きMazda CupとStreet Stockで勝利を目指して走るというのも悪くないのかなぁとか。

取り立ててどの車でレースしてみたいとか、どのクラスのレースに出てみたい等といった目標もなく、慌ててClassを上げるために躍起になる必要もないので、マイペースでやっていこうかと思っています。

ただ、幾つか惜しいレースはあれどレースペースででもトップとの速度差をなかなか埋められず、無理にブロックして追突されでもしてSafety Ratingを下げてしまうのを避けたくてLap Leadを譲ってしまうパターンから脱却したいところです。
RoadもOvalも、優勝出来る人とバトルし続けられる位の速さは欲しいところ。

[iRacing] 6/20 ~ 6/21 戦績 - test blog

| コメント(0)


ここ数日、少々iRacingに夢中になり過ぎてしまって寝不足だったので、二日間程軽くローカルで練習する程度に抑えてオンラインでの走行はお休みしていました。



6/20
iRacing Mazda Cup
2013 Season 2B Fixed
Mazda Raceway Laguna Seca - Full Course
Race
Result: 11 → 4

iRacing Mazda Cup
2013 Season 2B Fixed
Mazda Raceway Laguna Seca - Full Course
Qualify
QT: 1:45.523



6/21
Street Stock Series
USA International Speedway

Race
Result: 12 → 5


Street Stock Series
USA International Speedway
Qualify
QT: 24.682



Road、Oval共に上手く時間が合わず予選を走れずにいきなりレースに参加したのでどちらもかなり後方からのスタートでしたが、思いの外前の方々がコケてしまって順位的には結構上げてフィニッシュする事が出来ました。

脱Rookieが目標のため、出走する主な目的はSafety Ratingの向上なので後方から安全運転を貫けば良いのでしょうが、いざレースが始まるとどうしても前を目指したくなっていけません。
Roadの方は他車との接触こそなかったもののちょこちょこ脱輪、コースアウト、スピンでIncidentを食らってしまい、Safety Ratingも微増止まり。



そしてOvalは、毎度毎度Road以上にレースが荒れる・・・かなり気をつけていても二次災害、三次災害も結構あるのでなかなか無傷では済みません。

それにしてもショートオーバルは難しい・・・欲張ってちょっとアクセル踏み過ぎるとすぐスピンしてしまいます。
・・・これは自分との戦いだわ、如何に自分を抑えられるかという。

そしてUSA International SpeedwayはT1~2とT3~4じゃ似て非なるものなんですね。
特に出口辺りの路面のうねり具合が別物なので、スロットルの開け方も別物と考えないと。



目下Safety Ratingは

Road: 3.64
Oval: 2.63

と、Ovalが全然伸びない(泣
これはMazda Cupを放っておいてでもOval走らないとヤバいかも。

[iRacing] 6/17 ~ 6/18 戦績 - test blog

| コメント(0)


6/16
iRacing Mazda Cup
2013 Season 2B Fixed Lime Rock Park - Full Course
Race
Result: 3 → 3


6/17
Street Stock Series
Charlotte Motor Speedway - Oval
Qualify
QT: 37.082

Street Stock Series
Charlotte Motor Speedway - Oval
Race
Result: 9 → 5



Strength of Field 1208と若干低めのSplitだったとはいえ、この日のMazda Cupは序盤の3Lapの間だけだったけどLap Leadを取れました・・・前の2台がコケてくれただけとも言う(苦笑

しかし残念ながら自分にはまだ速さが足らず、後ろから猛追してくる車に追突されて終わるのだけは避けたかったのもあって無理やり押さえ込もうとはせずLeaderを譲りました。

初めて参加したレースから5戦目、1:03台のアベレージだった緒戦から比べるとペース的には徐々に上がって来てはいます。
とはいえ速い人と比較すると1コーナー進入~3コーナー脱出辺りでロスしてそう。
次シーズンLRPの課題が残ってしまいました。



Street Stockの方は新たな発見・収穫がありました。

テレメトリ解析に、iRJAで紹介されていたATRASを試し掛かっていたのですが、これだと速い人と比較
したければ、速い人のテレメトリ・データを頂いて来ないと比較出来ない?

で、iSpeedというのを試してみたところ、こちらはデータロガーとブラウザで一対となるアプリでして、且つデータロガーの方は自動的にデータを任意の他者と共有する仕組みの様です。

一番やりたかった速い人との比較は、iSpeedの方が簡単っぽい。


37秒台を切れなかった予選後に自己ベストLapと速い人のLapデータを比較してみたところ・・・

20130618-01.jpg
水色の線が自分の、濃い青が36秒台の人のログ。
やはり速い人はスロットルベタ踏み。
一瞬たりとも抜いてない。

そしてステアを比較すると、ロードと同じく一定の舵角までハンドルを切ったら後はスロットルで調整しようとしていた自分に対し、速い人は全開のまま舵を小刻みに切って戻して、とやっているようです。

自分自身の感覚としては、滑り出しを感じてから修正舵を入れてももう遅い感じだったのでどうしたものか悩んでいた訳ですが、この「切って戻して」の「戻して」が滑り出すか滑り出さないかの限界点ギリギリの場面で修正舵となって有効に働いている様です。



そこを踏まえてレースに出てみたところ、やはりタイヤがフレッシュな序盤なら「切って戻して作戦」はかなり有効です。
ベタ踏みでLap出来るならちゃんと先頭集団について行けます。

ただ、中盤以降になってくるとだんだんルーズ(オーバーステア)の傾向が出て来始めて、今までと同じく微妙にアクセルを抜かないと、となって来るようです。

レースだとターン中に2列、場合によっては3列も十分あり得るので、その辺を臨機応変に対応出来る様になる事がオーバルでの今後の課題です。

他車にインサイドに入られると、アウトサイドをキープする為にどうしてもウォールを見てしまうんです・・・見るとそちらへズリ上がっちゃってガリガリッっと(苦笑



その後はLagna Secaの自主トレ。
コースレイアウトは大体頭に入ってたので、思っていたより苦労せずにLap出来る様になりました(タイム度外視)。

LRPよりはコース幅も広くて走りやすいです。
が、その分他の人も速いんだろうな・・・速い人ならFixed(固定)セットで1:40台くらいでしょうか?
Open Practiceでしっかり練習しないと。

[iRacing] 6/16 ~ 6/17 戦績 - test blog

| コメント(0)


この週末はMazda Cupを1戦、Ovalにも初挑戦。


6/16
 iRacing Mazda Cup
 2013 Season 2B Fixed Lime Rock Park - Full Course
 Race
  Result: 8 → 5


6/17
 Street Stock Series
 Charlotte Motor Speedway - Oval
 Qualify
 QT: 37.344

 Street Stock Series
 Charlotte Motor Speedway - Oval
 Race
 Result: 9 → 11


Mazda Cupは、我慢の走りで初めてスタートポジションから順位を上げてフィニッシュ。

今後の課題は、純粋にLap Timeを更新して予選順位を上げる事と、レースではLap Timeのアベレージを上げていかないと。
今のままでは上位にいる人達は、自分の予選タイムよりちょっと速い位のアベレージで20週完走してるので全く勝負にならない。
でも予選でやる様なタイムを狙う走りを続けると確実にタイヤがタレてしまうので、タイヤに負担を掛けず且つタイムを上げねばならないという矛盾を両立する必要が。
リプレイを見る限り、まだコース幅をいっぱいに使い切れていない事が多いので、まだあちこちに無駄がある様です。

Safety Ratingの方はコースオフやコントロール喪失、接触事故を起こすと加点されてしまうIncidentは残念ながら0ではなかったのですが、このレースで+0.6されて3.43を達成。
このまま今シーズンを終えられれば脱Rookie出来そうです。

ここで初めてシリーズ戦のスケジュールをチェックしてみたんですが、

20130617-01.jpg

LRPは6/17までらしく、次戦はラグナセカだそうです。
名物コークスクリュー(逆落としのシケイン・・・でしたっけ?)を擁する難コース・・・ちゃんとLap出来るんかいな(汗

脱Rookieするには成績度外視でもOK、ただ規定回数以上のレースまたはタイム・トライアルをこなした上でSafety Ratingが3以上であれば良いのだそう。
更にFast Trackなる追加ルールがあって、Safety Rankingが4.0を超えるとシーズン中でも上位ランクに昇格出来る制度なんだそうな。

・・・でもラグナセカでグダグダやってしまうとSRを激減させてしまいそうで不味い・・・そこに一抹の不安を覚えております。



Street Stock(Oval)も、上位陣はCharlotte Ovalを36秒台中盤で走ってるんですが、今の自分ではどうしても37秒を切る事が出来ません。
全開で行き続けられないのでターンの進入時にちょっとだけアクセル抜いているんですが、Replay見た感じだと速い人は踏みっぱっぽい。
全開のままライン取りと修正舵だけで走れる方法があるのか・・・自分が真似しようとしても簡単にスピンしてしまいます。

そしてレースでは、Road以上に他車が怖いです・・・20周無事で走れる気がしない。
この日も前方で3台が絡む接触があり、それに後続が衝突し、またそれに自分もぶつけてしまって、結局緒戦でのSafety Ratingは-0.01となってしまいました。



オーバル戦のスケジュールもチェックしてみると、

20130617-02.jpg

こちらも18日からUSA International Speedwayだそうで・・・。
こっちも要練習です。


・・・とその前にiRJL関連のレースで、参加者の皆さんにご迷惑を掛けてしまったレースがひとつ。
不勉強なのは明白なのでもう少し自重します。
申し訳ありませんでした。




以下、Mazda Cup戦での初レースからの戦績をメモ。
 

6/15 
  iRacing Mazda Cup
 2013 Season 2B Fixed Lime Rock Park - Full Course
 Qualify
 QT: 1:01.719
 
 iRacing Mazda Cup
 2013 Season 2B Fixed Lime Rock Park - Full Course
 Race
 Result: 5 → 6


6/16

 iRacing Mazda Cup
 2013 Season 2B Fixed Lime Rock Park - Full Course
 Qualify
 QT: 1:02.065

   iRacing Mazda Cup
 2013 Season 2B Fixed Lime Rock Park - Full Course
 Race
 Result: 2 → 9

 iRacing Mazda Cup
 2013 Season 2B Fixed Lime Rock Park - Full Course
 Race 
 Result: 6 → 9


週末に3戦走ってみましたが、戦績的には全てスタートよりポジションを落とす非常に不甲斐ない結果に。
しかも無駄に単独でスピン、2戦目3戦目はクラッシュをやらかしてLap Downされてしまいました。

それでもSafety Ratingは徐々に上がって2.50 → 2.83。
脱Rookieに必要なのはSRだけみたいなのですが、もう少し戦績も何とか良くしていきたいところ

[iRacing] 初Open Practice体験 - test blog

| コメント(0)

見られる様になったJapanese iRacersトピックの過去ログを掘っていくと、「左ハンドル・6速のCupより右ハンドル・5速のロードスターのが良い」との記事を発見したので、急遽ロードスターに乗り換えてローカル練習。
ギア比の差にギクシャクしながらも周回を重ねて、ほぼ昨日のペースと同じくらいで走れる様になった時点で、いざLime Rock Park - Mazda RoadsterでOpen Practiceへ突入。



・・・何だか右上隅の、上からL、Q、S、P、Fと並んだゲージのうち、Pがやたら右へ振れまくっている。

・FPS: Frames per Second
・L: Latency(恐らく)
・Q: ?
・S: ?
・P: ?
・F: ?

Pって・・・ping? performance?
リアルタイム録画も試しつつ走ってるからCPU負担が大きいと言われてるのかな?

等と気が散ってしまうとすぐとっ散らかってしまうので、OPは接続のテストも兼ねてんだしあまり気にしない!と自分に言い聞かせつつ淡々とLapを重ねる事に集中。



結局、この日は都合3回オープン・プラクティスで走りましたが、本当にいろんなレベルの人が来てる様です。
速い人は確かに1分切って走ってたし(Class Aの人だったっぽい)、安定しない人はあっちへふらふらこっちへふらふらしてて、あちこちでコースアウトしていました。
1分を切れる様なタイムで安定して走れたらレースでも勝負になるのかな?・・・ってどこで3秒縮まるのか(笑

今現在セットは固定だと思い込んでセッティング項目を覗きもしていないんですが、もしかするとギア比くらいはいじれるのかな?・・・明日試してみよう。



あと、他車と一緒に走ってみて、バーチャルミラーの写り方に違和感を感じたので

120°(デフォルト) → 90°

に変更してみました。 これでしばらく様子見。



次はいよいよ予選→レース?
まだちょっと恐いなぁ(苦笑
もう少しタイム上げてからの方が良いか・・・。
YouTube辺りで速い人の動画を探してみようかな。
それともオンライン慣れするためにもっと積極的にレースに出るべき?・・・セーフティ・レーティングを下げる気しかしない(苦笑
でもどっちにしろ数こなすしか手段はないし。



後、オンラインで走り始めるに当たって、ヘルメット、スーツ、車も色塗ってみました。



20130612-01.jpg

でもまだしばらくはちょこちょこ塗り替えるかも。


今日こそオープン・プラクティスにいくぞ!と意気込みiRacingのメンバーズ・サイトを眺めると・・・!?
「Mazda Cup - 岡山」がない!?

あるのは「Mazda Cup - Lime Rock」一色という状況にいきなり面食らう。

恐らくオフィシャルで運営されてるレースのローテーションに合わせているという事なのだろう、と自分を納得させ、「希望のホストがないのなら立ってる鯖に合わせるしかなかろう」という事で急遽Mazda Cup - Lime Rockをローカルで練習する。



20130611-01.jpg

Lime Rockの印象は岡山と比べて「狭い」。
唐突な上り下りも印象的ではあります。

Lime Rockは確かGPLで走った事があるはずなのですが(マルチでのレース経験なし)、所詮かじっただけ程度ですので経験値としては全くのゼロからと同じだったり。



眠い目を擦りつつ50Lap程走ってみて、ファステストは1:02.4・・・え!? 速い人は59秒台!?・・・見なかった事にしよう・・・。

キモは1コーナー~2コーナーか・・・どう走ればいいのかラインが見えません。
速度域は違えど岡山の1コーナーの様に奥までダラダラ曲がり続けてて、ヤな感じです。
そして抜きどころ(抜かれどころ)がなさそうな・・・メインストレート~1コーナーの飛び込みくらいでしょうか。

最終コーナーとそのひとつ前、二つ前のターンは同じ様な角度とRで、左足ブレーキでがんばってみてます。



Japanese iRacersトピックが見られない件続報 [解決]

今朝になってサポートから「今は見られる?」の一文だけのメールが届く。
差出人(担当サポート)の記名も「iRacingを選んでくれてありがとう」的な挨拶文もなく、本当にただの一文だけ。

で、試しにJapanese iRacersトピックへ飛んでみると・・・無事見られる様になっていました、感謝。

Twitterでアドバイスを頂いた@mochablendyさん、大変御世話になりました。



6/10 深夜: サポートへメッセージ発信
6/12 朝:  サポートから返信 → トピック閲覧可能に

時差も考慮に入れるとまあ妥当な待ち時間というところでしょうか。
つい迅速且つ応対も丁寧で至れり尽くせりだったBlizzardのサポートと比較したくなりますが、プレイヤー数から見る市場規模も比較にならない程の差があるでしょうし、あまりに簡素な返信に少々驚きはしましたが、肝心のの問題についてはきちんと対応してくれたのだしで今のところiRacingのサポートも良好と言えるんじゃないかという印象。 


まだiRacingを始めたばかりなので、しばらくは自身が体験した事を出来るだけちまちまと書いてみる予定。
自分も、先人諸氏がiRacingを始めて間もない頃に書かれた日記を参考にさせて頂いた部分が大きいので、自分より更に後発な方への何かの足しになれば幸い、という思いを込めて。
特に自分が今困った事は、後から来られた方も同じ様なポイントでつまづく事もあるだろうし、こういうのこそタイムリーに書いておかないと後で思い出そうとしてもなかなか書けそうにないので(汗



例のJapanese iRacersトピックが見られない件については今のところ何の進展もなし。
サポート側からは何の返信もないし、トピックも未だ

20130610-13.jpg


「Information: Oooops. You don't have sufficient privileges to access this message」

のメッセージが出るだけで閲覧不可の状態です。




20130610-10.jpg

とりあえずこの日もMazda Cup(左ハンドル・6速)、岡山国際をローカルで練習。
ロードスターはキビキビ旋回する感じとエグゾースト・ノートが心地良くて好きです。 

30Lap程周回してファステスト・タイムは1:53.8。
まだ1コーナー出口のアウト側たくさん残しちゃってるし、ところどころCPに付けるステアの切り始めのタイミングがいまいちつかめてないし(バックストレッチ後のヘアピンの次の左ターン、最終コーナーなんかは特に)、他にも何箇所かブレーキ甘いところもあるので、もう少し詰め代はあるはず。
・・・でも速い人のタイムってどのくらいなんだろう?
ほほう、1:48台出ますか(ぐぐる先生情報)・・・5秒落ちですね(死


タイムはともかく、単独だとある程度安定してきた様に思うのでそろそろ集団の中で走る練習をしてみたくなって来ました・・・抜かれる練習しておかなくちゃ(苦笑
今夜辺り体調が悪くなければオープン・プラクティスに参加してみてもいいかな?



ところで、他の人はクラッチやシフトの設定はどうしているのか・・・うちはGPLをMS-FFB(クラッチペダルがない)でやってた頃に近い設定(Auto Blip、パドルシフト)でやってるのですが、本来この車はHシフトとクラッチ使って走る物だろうし、G27にはせっかくHシフトもクラッチペダルも付いているのに使わない手はないか・・・。
でも、ただでさえ四輪は実車でのスポーツ走行の経験がない上にSimだと実車とも感覚が違うので、かなり練習しないとまともに走れなさそうです。
シフトアップはともかくシフトダウンが難しい・・・ヒール・アンド・トゥなんて到底出来ませぬ・・・。
アクセルとブレーキのペダル調整も何かしら必要そうです。



まずはロードをひたすら練習→オープンプラクティス→予選→レースに参加、のつもりですが、久しぶりにオーバルもやってみたい思いもあるので、それもまたいずれ練習しないと。
バンプドラフト、見てるだけで燃えますよね・・・いずれは自分も。

後、Skip Barberに乗ってみたいです・・・レースに出るなら要Class D?
先は長い。

ブログ

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3

最近のコメント